30代後半から2人目不妊で体外受精に初挑戦

30代後半1男児の母。2人目不妊で体外受精に初挑戦のあれこれを気分次第で記していきます。

胚移植見送り

生理がきました。


採卵から12日目です。

ただ同じ日に悲しい出来事がありました。

ずっと入院していた祖母が亡くなりました。
点滴のみで生き延びていたため
もうある意味待っている状態だったので覚悟は出来ていましたが、やはり悲しみは抑えきれず。




生理が来たときに
今週期は見送りにしようと思いましたが


一応病院に連絡したところ
この日なら組めるとスケジュールを打診されましたが、子供の幼稚園夏休みのため無し、母も夫も仕事休めずという悪条件のため

丁度良いと思い、思ったとおり今週期見送りとなりました。

なんか祖母のお通夜やらお葬式の最中に
病院にいつ行かなきゃいけないとか、どの薬を飲んだり入れたり貼ったりしなきゃいけないとかそんなの無理だしね。


そこで、早速子宮頸がん検診の予約を取りました。
移植を見送る場合は検診しましょうと先生から言われていました。




不妊治療する場合はホルモン剤を多用するから
乳ガン検診や子宮頸がん検診は1年ごとに必要みたいです。



2年に1回とかだったけどね
でももう年齢的にも毎年受けた方が良いのかもなあ



そんなこんなで今週期の移植は見送りに。

でもタイミングはとろうかなあ
両方卵管詰まってるかもしれないから意味ないかもだけど。