30代後半から2人目不妊で体外受精に初挑戦

30代後半1男児の母。2人目不妊で体外受精に初挑戦のあれこれを気分次第で記していきます。

帝王切開瘢痕症候群について

まだちゃんとした病名として認められている訳じゃないけど

最近では徐々に広がっていると思います



帝王切開をしたうちの7パーセントがなり


手術になるのはその中でも更に確率が低くなると思います



特に緊急帝王切開になった人がなりやすいみたいです


私がまさにそれです





陣痛中に早期胎盤剥離となり胎児機能不全のための緊急帝王切開でした



陣痛開始から8時間目くらいのことで手術時間は数分間でした




緊急帝王切開の中でも緊急度の高いものだったと思います



まぁそれが原因で傷痕がうまく治らずに血液の塊(嚢腫)が出来てしまいました




その出血が子宮の中まで流れて妊娠を邪魔していました



でももうその邪魔をしていたものは無くなったので




自然妊娠の可能性はかなり上がったと思います




ただ年齢的に自然妊娠の確率は低いので
妊活の許可が出たら移植をしようと考えてます




卵ちゃん達もまだいるしね



また採卵からは以前同様考えられないので
沢山凍結してもらっていて本当に良かったと思います




手術をして思うことは
もっと早めの段階で気付いていれば



早めに手術して自然妊娠してたんじゃないかということです



体外受精に使ったお金はかからずに済んだんじゃないかと思います



でももう後の祭り




考えても仕方ないですね



ともかくこれで移植をすればかなりの確率で妊娠出来るのでは?と期待しています

手術後の経過~退院後5日目術後9日目~

昨夜からかなり痛みが楽になり布団での寝起きもスムーズになってきました


それから退院後4日目術後8日目の昨日から外出を開始しました

それまでは家の中のことで精一杯でした


まだまだちょっと歩くとすぐ疲れる
怖くて前屈みになるため杖に助けてもらう
速度もかなり遅い


でも今日は昨日よりもスムーズになってきました
それでも遅いし階段やちょっとした坂は杖がないと怖いしきつい





あとは尿がたまると痛くなってきて歩けなくなってくるためちょくちょくトイレに行く必要がある




明日も散歩はしようと思っています




そう言えば術後先生から写真を見せてもらいながら手術の説明を受けたのですが




膀胱と子宮との癒着を剥がして癒着防止のシートを入れて瘢痕部の嚢腫も取ってついでに子宮頸管ポリープも取っていただきました



実際の写真かなりリアルでした

瘢痕部は大きくポリープは小さいものでした



もう問題はないのかなぁ

退院後の経過~退院3日目~

退院当日を1日目として3日目


かなり痛みが落ち着きました



退院2日目はホントは退院する日だったのもあり



痛みも結構あったので無理せず過ごしました


便がなかなか出ずにかなり苦労しましたがなんとか便秘にはならずに安心しました


途中かなりチクチクとした痛みがありもしかしたら排卵痛?とも思いましたが違うかも



術後の生理は痛みがある可能性が高いそうで今から怖いです




退院3日目は体温が低めで排卵はまだかなぁいつかなぁという感じ



鼻水とクシャミが止まらずクシャミを抑えるのが本当に大変でした



入院中に注文した傷痕に貼るためのテープが届いたので早速貼り替えたら良さそうです



そろそろ痒くなってきた感じだったので丁度良かった




家事は布団をたたむ、掃除機をかける、洗濯して干す、料理をする、皿洗いをする全てしています





時々痛むので気をつけながらですがなんとか出来ています




このまま順調に良くなりますように




術後検診はだいたい3週間後です

手術後の経過~術後4日目退院~

体温は36°37で平熱に下がった!

そして朝急に今日退院でも良いよと言われて
すぐ家族へ連絡し今日退院を希望した


もう入院生活は沢山


前の同室者が悪すぎてストレスたまりまくるし
もう恐怖さえおぼえる




痛いけど少しでも早くこの病院からいなくなりたい



家族が午後しか来られないのでお昼を食べてからの退院



家族が来る頃にはほぼ全て帰る準備はおわっていたため



速効で退院手続きを済ませて荷物を持ってもらいさようならー



正直この病院にはもう入院したくないけど



ちゃんと手術してもらえたことは本当に心から有難いです感謝感謝です




先生に聞きたいことも全て聞けたし
保険の書類もバッチリだし
早く帰れたしで結果オーライ



自宅に帰ったら色々やることがあり話すこともあり本当に気が楽で


身体は辛いけど早く帰ってきて良かったと心から思いました


布団の安心感も抜群であとは子供の寝相が心配なだけ



退院出来て本当に幸せです




そしてこれから数カ月は術後検診などの通院や
生理の周期が整うまでは避妊




4ヶ月後くらいにはまた妊活始められるかな

手術後の経過~術後3日目~

昨夜から熱が下がってきて36度台になった!

それまでは37度5分くらいをキープだったので下がってきて一安心



それから食欲も出て来た
パンだったからかもしれないけど
一口ごとに胃がキューっとなることはなくなってきた



ただ1つ心配なのは昨晩から腰痛背中痛がひどくてなかなか寝付けなかったこと



湿布を貼ってもらったが何か違うと思い途中で剥がした
肩の痛みには湿布がよく効いてくれているようだ



夜中じゅうどうしたら痛くなくなるかを模索して
夜中に起きてトイレに行ったり
かなりスローなストレッチをしたりと
なんとか腰が痛くならなくなるようにありとあらゆることをやってみた



そして早朝看護師さんに相談し痛み止めを飲んであたためることにしたらかなり良かったようで楽になった



これだ!あたためよう!
腹帯を復活しカイロを貼り付け上着を着て腰をのばしてれば多分大丈夫な気がする



お腹の傷の痛みはもちろんあるが腰の痛みの方がつらいなんて


やっぱりアラフォーだからかなぁ



向かいのアラサーの子はやはり若い!
ポケットwifiも使いこなしているしくしゃみも可愛いし母親との会話も微笑ましい




まだ独身か新婚のようで
年齢も5つくらい下という違いがかなり大きく感じる
人によるんだろうけど



とここまで個人情報がわかってしまうのが同室だ



怖いけど個室は高いんだもの



と思っていた矢先自分がかなり同室の子にストレスを感じていることが発覚



最大のストレスは旦那さんだかが面会に来たときに急にヒソヒソやり出したと思ったらずっーと長時間それが続いたこと




すぐさま部屋移動をしてもらいかなりスッキリ



今思えば個人情報がダダ漏れな声量で面会の家族と喋りまくっていたことや



起床時間前なのにドタバタ音をたてまくっていたこと


更に最初のこちらの挨拶に一言もかえさず無視をされたことが結局の要因な気がする




また無視されたらかなりイラついてしまうので
こちらからは一切話さないし
もちろんあちらも一切話さない
別に友達のようには話せなくても挨拶くらいかえしたって良いのではと思う



同室に2人しか居ないにも関わらずこういったストレスが多くて耐えられなかった



むしろ4人とか6人とか大勢いた方が逆に良いのではないかと思うが今度からは絶対個室にしようと誓った



こんな愚痴で申し訳ないけど言えてスッキリしました



腰の痛みもお腹の痛みも大分楽になったし
同室の若手からは解放されたし



今夜は良く眠れそうです

手術後の経過~術後2日目~

術後2日目手術後1日目に比べて大分楽になった

腰を折らなくても前かがみで昨日よりも早く歩ける


昨夜から始まった全がゆご飯も大分スムーズに食べられるようになった

ただまだお粥を全部は食べられない


やることもないので朝から歯磨きをしたり顔を洗ったりトイレに行ったりその辺を散歩して

朝食のあとはコンタクトをし歯磨きをし
身体拭きのタオルをもらって身体をふき総着替えをしてスッキリ


更に水のいらないシャンプーをして頭もスッキリ



今日シャワーに入れると思ったが、午後にならないと背中の麻酔が抜けないので今日はいいかなぁと思った


お昼からは常食なのでうどんが出た
これまた全部は食べられない
一口ごとにキューっとくるんだもの


その後は何をするでもなく病院内をウロウロしたり水を買ってのんだり




それからようやく先生が来てお腹のテープをはがし、背中のチューブを抜いた



朝飲んだ痛み止めも切れてきてお腹の傷が燃えるように痛い上恥骨周りが腫れていて大丈夫かなと思った



看護師さんに聞いてみると問題はないとのこと



家族の面会が予定より遅れていたので夕方軽くシャワーを浴びた



髪の毛を洗ってスッキリしたがシャワー後の冷えがすごくてあまり良くないと思った



夕飯は久しぶりのご飯
なんとか頑張ったが少し残ってしまった



便がなかなか出ないので早く出て欲しい

手術前後のあれこれ

点滴をしている間に呼ばれて手術室へ。

まずは麻酔。背中にチューブを入れる。
腰の辺りがかなり痛くて泣いてしまった。


そして酸素マスクからの全身麻酔は記憶がなく、
起きたら手術は終わっていた。


それでも激痛との闘い。それから異常な寒気で口のガタガタが止まらない。
痛み止めの薬が効かないので強いのをつくってもらったらやっと寝られた。



お腹を切られてナイフでえぐられたあとのような痛み。燃えるような痛み。
一晩中途切れ途切れで睡眠をとりながら点滴や、体温測定、血圧測定、麻酔のチェック、尿管のチェック、傷口のチェックを行う。



朝には大分楽になったが昨日の燃えるような痛みが少し楽になった程度で痛いことには変わらない。

そして昨夜は携帯で文章を打つことすら出来なかった。途中で力尽きて寝てしまう。

どれだけ疲れてるのかと思ったが、それほど衰弱しているのだろう


身体を拭いてもらい着替えをさせてもらいの後は



午前中のうちに歩くことを目標にと言われ早速歩行訓練をした




傷は痛いがかなりゆっくりなら歩けると言えば歩ける



尿管を抜いてもらったのでトイレも行けた


ただトイレの手前でどうしても咳が出てしまい
更に出血もあったので心配になった




お腹は痛いが回復を早めるために頑張って歩こうと思う



ガスが出ないと夕飯が食べられないとのことで異常なほど水を飲み頑張って歩いたが出ない


そこで座薬で刺激をする作戦に出るとそれが功を奏して無事に夕飯は全がゆ


ただ一口食べるごとに胃がキューっとなり痛くてなかなか進まない


以前術後は重湯等の流動食だったので聞くと消化器官の手術ではない限り最近は全がゆかららしい



今日は流動食で良かったんじゃないかと思うが
最近は胃腸に関してスパルタ形式なのだろう



術後の歩行もそうだが早め早めの行動が回復を早めるらしい